読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コト・モノ・ヒト

 いろんなコト、いろんなモノ、いろんなヒト

HUAWEI MateBook M3と合わせて購入したもの

モノ gadget 道具

f:id:aratoshi:20160725004916j:plain

  1. 一番左、モバイルルーター。NETGEAR AirCard AC785 AC785-100JPS。LTE内蔵ではない本機では私には必需品。スマホテザリングだとあっという間に月額容量オーバーのため、以前加入したIIJmioのSIMを刺して利用中。 

     

  2. スタイラスペン、ワコムBamboo Smart for select tablets and 2-in-1 CS320AK。使える保証はありませんでしたが、アマゾンでアウトレットがあった(箱に傷あり新品)ので購入。いまのところオートデスクのSketchBook、ワコムのBambooPaperでしか使用してませんが、SketchBookでは筆圧感知もしている。BambooPaperは有料版を購入しないと筆圧感知するペンが使えないので未確認。ボタンが二つ付いてますが、ペン先側は押しっぱなしで消しゴム。根本側は押すとメニューが表示される。できれば根本側はundoにしたいのだけれど、ドライバ探しても見当たらないし変更可能なのか不明。直径9mm重さ19gと細く軽く私的には好み。電源は初めて見た単六電池。これで一年くらい持つらしい。
    Wacom Bamboo Smart for select tablets and 2-in-1 convertible devices CS320AK

    Wacom Bamboo Smart for select tablets and 2-in-1 convertible devices CS320AK

     

     

  3. ブルートゥースマウス。プライムデーに1200円で購入。薄型で嵩張らないのはよいが、普段使っているマウスにはundo・redoボタンがついていて、それに慣れてしまったのでやや勝手が悪い。コンパクトなundo・redoボタンのついたブルートゥースマウスを探しているところ。

     

     

HUAWEI MateBook M3 5Days Review

モノ gadget 道具

 

ハーウェイのMateBookが到着して5日経過。休みが三日あったので結構さわる時間があった。良いとこも悪いとこもいろいろ気付いてきた5日目のレビュー。ちなみに超ニッチな内容ですのであしからずw。


ハードウェア

  • 指紋認証でスリープ解除は超快適。ただし 無意識で何度か触れているうちに認識エラーとなりPINパスワード入力が必要になるのが煩わしい。
  • タブレットのようにキーボードカバーを閉じるとスリープ。開けるとスリープ解除になる。ただし開けたときは快適な指紋認証があるので自動スリープ解除はむしろ不要。これが設定でOFFにできるのか不明。
  • 専用キーボードカバーとはよくあるマグネットでの固定となりますが、磁力は強力で安心感はある。ただしその分取り外す時に結構力がいる。といっても常識の範囲です。
  • 専用キーボードカバーのキータッチは非常によい。タッチパットの感触や反応も良好。ただしキーボード底板の剛性がやや低く、やや強めで入力をしていると少したわむというかバウンドするような感じがある。キーボード配列、ピッチともにほとんど違和感がないが唯一「-(=、ほ)」のキーが小さいのが気になる。
  • バッテリー駆動9時間とあるが厳しい感じ。画面の明るさにもよるがが、明るめ好きの私は設定75%でネットし続けて8時間程度の印象。内蔵バッテリーなので劣化が気になりますがメーカーの交換プログラムがあるそうなので、どうしようもなくなったら利用しようかと問い合わせたら、税別で部品代23000円、工賃5000円、代引き等600円と合計28600円(税別)とのこと。たっけー!!
  • 付属のキーボード付きカバーは約450gと結構な重さ。キーボードが不要な際のフラップ式カバーの登場を望む。
  • まだすべての動作を確認してませんが、ワコムスタイラスペンBamboo Smart for select tablets and 2-in-1 CS320AKが使用できた(超うれしい)これは別途記事にするつもり。 
Wacom Bamboo Smart for select tablets and 2-in-1 convertible devices CS320AK

Wacom Bamboo Smart for select tablets and 2-in-1 convertible devices CS320AK

 


ソフトウェア

  • 出荷時にインストールされているソフト、私が気付いている限りは「Autodesk SketchBook」と「DMM英会話(謎)」のみとシンプルで好印象。DMMはエキサイト翻訳的なものかと思ったら、単なる割引での入会を促すリンクだったので即削除。
  • スリープ時のバッテリー消費が気になったので、気休めでスリープ時のwifiはOFFにした。メールを含めSNS受信通知は主にスマホなので問題なし。スリープOFF時にウイルスソフトの更新がありますがスリープからの復帰の速度低下にはなってなさそう(私感)。
  • ウイルスソフト「ESET パーソナル セキュリティ」をインストールしたらややネットの速度が遅くなったような(悲。
  • GoogleChromeブラウジングしていると、ごく稀にツールバーが固まることがある。ちょっとだけ待つか、ブラウザを一度閉じれば復旧する模様。
  • たまに覚えはないのにタスクバーの右側のレイアウトが変わっていることが何度かあった。再起動で復旧。覚えがないだけで私の誤操作の可能性もあり。

以上、ほぼ不満を羅列したような形になってしまいましたが、ブラウジングにしてもソフトの実行にしても、もっさりすることはなく快適そのもの。家で仕事以外ではほとんどこのタブレットで事足りている。まぁ慣れるためのトレーニングの意味もあるけど。

買った後で知ったんですが、今年の冬頃にASUSから第7世代Core系CPU搭載、モニター12.6インチ、 解像度2880×1920pix、厚さ6.9mm、 重量690g 、アウトカメラあり、指紋認証ありの「Transformer 3」予定価格$799が発売予定らしいですが、今このタイミングだからこそ必要だったガジェットなので後悔はしていない! 


2in1ノート HUAWEI MateBook予約購入

モノ gadget 道具

f:id:aratoshi:20160717002150j:plain基本、買い物は慎重派で人のレビューなり自分で触るなりして買うことがほとんど。思い出すに学生時代にナイキのエアジョーダン5を上野で並んで予約購入した時以来でしょうか?(たぶん嘘)

今どきは発売前でもデモ機の試用レビューなんかもあるわけで、試用レビューの評判がちと良すぎるのが気になりつつも、発売前予約特典のキーボード無料サービスに惹かれ予約購入となった。

f:id:aratoshi:20160717002357j:plain
詳しいスペックはメーカーサイトなりを見てもらうとして、手にした最初の印象は本体の厚み6.9mmはひっじょ~に薄い。まさに板。慣れるまではつい「そーっ」と持ってしまうことでしょう。重量640gは12インチ液晶としては軽量なんですが、質量に対する重さとなるとなかなかズッシリくる印象。でも軽い。

f:id:aratoshi:20160717002945j:plain
キーボードも薄いんですが、ストロークは結構あって心地よいタッチ。トラックパットの反応も今のところ文句なし。

初めてのタッチスクリーン機能付きのウインドウズ機ってことではっきり言ってまだ全然慣れてない。やりたいことは決まっているんでそれに必要なアプリや自分に合ってそうなスタイラスペンを探しているところ。 

Wacom Bamboo Smart for select tablets and 2-in-1 convertible devices CS320AK

Wacom Bamboo Smart for select tablets and 2-in-1 convertible devices CS320AK

 

いまのところ候補はこのスタイラスペン。 対応が確認できたらぜひ欲しい。

本体自体はまだ大して触っていないのでレビューらしきものはわずかですが、今感じていることをまとめてみた。

 良い

  • 薄い、軽い。本体には高級感がそこそこあり所有欲を満たしてくれている。
  • キーボードが無料だった。
  • CPUは第6世代 Core m3ですが今のところ超速い。
  • 画面がすごいきれい(今手元にある安物ノートの数倍見やすい)

悪い

  • LTEが内蔵されていない。もしかして「当然付いてまっせ。わざわざスペックに載せるまでもないじゃないですかスマホメーカーですもの」ということに僅かに期待していたがやっぱり付いてなかった!
  • インターフェースがUSB Type-C、ヘッドフォンしかない。本体の薄型、小型化とのトレードオフだとすれば仕方ない。専用の外部ポートも発売されているので必要になったらそれを買う。
  • アウトカメラがない。なきゃないで何とかなるんですけれど。
  • 予約販売ではキーボードの色の選択ができなかった(タダだから仕方ない)

一番はやはりLTEモデルでないってこと。モバイルルーターの購入等、モバイル環境を見直す必要があると考えている。とはいえ、買ってよかったと思えるまで使い倒せるよう、いろいろお勉強中。

 

アマゾンプライムデー終了!

コト モノ

f:id:aratoshi:20160713004106j:plain

ふつう開始のときに話題にするんだと思いますがw

年に一度のプライムデーが終了。今年はウォッチリストの存在を知り、事前チェックはぬかりなく。とはいえ夜中の2時とかにアラートが鳴っても起きるわけもなく。いろいろとカートに入れたものの、最終的な戦利品は二つでした。よく我慢したぞ自分。ひとつすっごい欲しいものがあったけどカート入れ競争で負けた。縁がなかったと諦めよう。

今年は思ったより値引き率が悪かったような・・・。おかげで現実に引き戻されて無駄なものは買わずに済んだかも。

 

Evernote仕様変更で端末二台まで!今ならプレミアムサービスが半額キャンペーン!

コト gadget 道具

f:id:aratoshi:20160711132944j:plain

題名通りです、ハイ。

仕事はもちろんそれ以外でも、どの端末からでも同期ができて生活に欠かせないEvernote。今まで無料のベーシック版を利用していました。テキストメインの利用だったので毎月の使用量60MBでもなんら不具合はなかった。ところが6月末のアナウンスで今まで無制限だった端末台数が2台に制限されるとのこと。そりゃ困る。現在パソコン4台、タブレットスマホ2台の計6台で利用中。2台に絞るなんて考えられない。

Evernote の価格プランの改定について - Evernote日本語版ブログ

人の生活にすっかり入り込んでからの厳しい仕様変更、しかも有料サービスの値上げ。「ずっりぃ~!」とも思いましたが、今までさんざん無料で使わせていただいたわけですから、お布施を払う有料版に移行することにします。有料版には2プランあり、価格の安いプラス板(3100円/年)にしようと思っていたら、プレミアム版(5200円/年)が8月16日までに契約すれば半額の2600円で1年間利用できるとのこと。というわけで本日プレミアム版に移行です。一年使ってみてプレミアム版が良ければ引き続き継続、ベーシック版で十分なら契約変更するつもり。

ちなみに「EVERNOTE プレミアムパック 3年版」なるものが最安で9000円程度で販売されているようですが、今回の値上げに伴いどうなるかは不透明。しかもすでに売切ればかりのようです。