読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コト・モノ・ヒト

 いろんなコト、いろんなモノ、いろんなヒト

デザインそこそこの1万円台の加湿器 5選

モノ gadget 5選シリーズ

寒さが増すのと合わせて空気がカラッカラになってきた(今日は雪だったけど)。寝室ではすでに加湿器稼働中(気化式)。居間で使っていた加湿器(スチーム式)が力不足で買い替え考慮中。お金のことを抜きにすればダイソンとかバルミューダとかいいけど、そこまではちょっとってことで1万円台で良さそうな加湿器を探してみた。

加湿器には大きく分けて「スチーム式」「超音波式」「気化式」「ハイブリット式」の4タイプがあり、どれも一長一短ある。詳細はググってもらうとしてw、我が家的には「ハイブリット式」かなと思い候補を挙げてみた。

 

・siroca(シロカ) ハイブリッド式加湿器 SHH-140-A

f:id:aratoshi:20161124221652j:plain

加湿量:最大 400ml/h
消費電力最大 125W(ヒーターオフ時:30W)

シンプルなデザイン、タッチパネル式の操作部分。自動運転機能付き。でもアマゾンの評価が真っ二つに割れているところが気になる。

 

・Λzichi(アズイチ) ハイブリッド式加湿器 HF-11

f:id:aratoshi:20161124221557j:plain

加湿量最大 480ml/h
消費電力最大 110W

シロカに比べるとややデザインは劣る(当社比)。自動運転機能付き。セラミックボールフィルタやオゾン機能なるもので、やや衛生面に配慮している。リモコンも付属。

 

・kamome(カモメ) ハイブリッド式加湿器 KAM-KH1301 WH

f:id:aratoshi:20161124222156j:plain

加湿量最大 650ml/h
消費電力最大 135W

バケツのような形が特徴、上部にサーキュレーターを内蔵しており、部屋全体を加湿してくれそう。加湿量も多いがその分電気代もお高め。リモコン付属。抗菌機能あり。アロマ機能付き。

 

・mood タワー型ハイブリッド式加湿器

f:id:aratoshi:20161124222249j:plain

加湿量最大 300ml/h
消費電力最大 80W

タワー型の場所を取らなそうなデザイン。吹き出し部が高いので床が濡れにくそう?タイマー機能付き。リモコン付属。アロマ機能付き。やや加湿能力が低め。今回の5種の中では機能が最もシンプル。

 

Air ハイブリッド式加湿器

f:id:aratoshi:20161124222302j:plain

加湿量最大 400ml/h
消費電力最大 125W(ヒーターオフ時:30W)

デザイン、加湿能力、消費電力とも一番目の「siroca」とほぼ一緒。自動運転機能付き。 違うのは抗菌カートリッジ付きなとこ。写真では見えないですが湿度のデジタル表示あり。


以上5選。さてどれにすべきか。

 

狭山湖

コト photo

f:id:aratoshi:20161123100814j:plain

お散歩日和だった昨日、狭山湖周辺を徒歩で散策。っても仕事の合間でしたが。2万歩歩いて足がバキバキ。

GoogleEarthで富士山の方向を確認して撮った写真。ちょうど夕日のあたりだと思うんですが富士山は拝めず。

昨日とは打って変わって今日は深夜から雪の予報。冬用のコートも準備が必要になってきました。

 

FIESTAの皿

モノ 道具 design

f:id:aratoshi:20161117121600j:plain

私が服とか雑貨とか見たくて入った上町の世田谷通り沿いのセレクトショップで妻が見て一目ぼれ。中皿三枚、小皿二枚お買い上げです。

家に帰ってネットで調べたらたくさんの色が出てて、枚数を増量する計画のようです。消耗品の部類の食器としては我が家的にはやや高価で傷も付きやすそうなのですが、大事に使っていくつもり。

調理器具や食器で気分がアガる。って気持ちは妻ほど感じませんが、カラフルな食器に合わせた料理が載ってると、食事の時間がより楽しくなるのは事実。

 

 

牛久 シャトーカミヤ

コト 建築 photo vespa

茨城県牛久市にある、10月にベスパのイベントで訪れた場所。イベントで何度も訪れてますがシャトーの中に入ったのは初めてだった。

f:id:aratoshi:20161112234832j:plain歴史を感じるレンガ造りの外観。重要文化財に指定されている。奥には樽が見えます。

f:id:aratoshi:20161112234923j:plain入ってすぐにたくさんの樽が並ぶ。2階は神谷傳兵衛記念館になっている。

f:id:aratoshi:20161112235333j:plain薄暗い階段を下りていくと、雰囲気のある薄暗いランプ。そしてその先は。

f:id:aratoshi:20161112235454j:plain
再びたくさんの樽が並ぶ。1階よりだいぶひんやりしている。実際はもっと薄暗く一人ぼっちで歩くのはちょっと怖い。ここに貯蔵されている樽と1階に貯蔵されている樽の違いは不明。

f:id:aratoshi:20161113120209j:plain
本命のイベントはこちら。午前中の大雨にもかかわらずたくさんのべスパが集まった。私はトランポでの参加でしたが、雨具を着て自走で参加の方々には頭が下がる思い。国内では熊本より数日かけて自走で参加。海外からは台湾のベスパクラブの方々も参加していました。

 

 

Honor8用ケース Spigen ラギッド・アーマー(ブラック)

モノ gadget 道具

普段は裸族(ケース付けない派)ですが、バイク乗る時や手が汚れる作業時用に購入。ソフトケースにするのは脱着時に本体に傷が付きにくいと思うのと楽だから。購入はアマゾンにて、1,600円也。 


f:id:aratoshi:20161103191203j:plain梱包は必要最小限。最近アマゾンは小物は郵便配達でポストに投函してくれてありがたい。

f:id:aratoshi:20161103191352j:plain
Spigenの特徴の落下時の衝撃を吸収するとされる「スパイダーウェブ」加工。素材はTPU(硬め)。

f:id:aratoshi:20161103191521j:plain
取付けはTPUなので楽々。ケースをつけると淵が1mm程度立ち上がるので画面を下に置いても画面が接地しない。

外寸は幅76mm(71mm)高さ150mm(145.5mm)厚み10.5mm(7.45mm)。カッコ内は本体寸法。やや厚めではありますが耐衝撃性能とのトレードオフなので仕方ない。

f:id:aratoshi:20161103191937j:plain
サイドボタンは穴空きではなく、カバータイプ。押し心地、勝手は全く影響がなく、むしろ穴あきタイプより操作しやすいですが、凹んでいないため誤操作の可能性は未着用時と同等でしょうか。

f:id:aratoshi:20161103192115j:plain
ボディー下部の穴回り。逃げがちゃんとあるので、ヘッドフォン。USBともに問題なく使えます。ボディー上部の赤外線、リセットスイッチ部分も穴が開いてます。

f:id:aratoshi:20161103192748j:plain
カメラ。指紋認証部分も当然問題なし。外箱の商品写真にありますがボディー上下が写真のようなカーボン調の模様になっている。

フィット感はきつ過ぎでもなくちょうどいい。脱着はTPU素材とはいえクリアケースなんかに比べるとやや硬めなので、そのぶん力はいる感じ。角からペリッと行けば割と簡単。というわけで私の用途にはドンピシャで満足しています。