コト・モノ・ヒト

 いろんなコト、いろんなモノ、いろんなヒト

レーザー距離計 BOSCH GLM50C

一人でスマートに現場の寸法を測るのに必需品のレーザー距離計。約10年前に購入したDLE50がだいぶ前から不調でしたがついに電源が入らなくなり買い替え。

f:id:aratoshi:20180524150306j:plain
右が購入したGLM50C。左が今まで使っていたDLE50。どちらも最大測定距離は50m。これ以上の距離は私には不要。10年前のものに比べるとかなりコンパクト、多機能になっていた。電源も単四電池4本から2本になり、総重量も半分くらいに感じられる。

f:id:aratoshi:20180524150839j:plain
画面はモノクロからフルカラー液晶に。ファンクションキーで機能が選べるようになっていて直感的にわかりやすい。

f:id:aratoshi:20180524150950j:plain
f:id:aratoshi:20180524151013j:plain
特徴的な機能としてはフルカラー液晶画面を生かしたレベル測定機能付き。水平、角度が測定でき、0度になるとブザーで知らせてくれる。おっと!我が家のテーブルは0.1°傾いているようです。

そしてこの機種最大の特徴はブルートゥーススマホやPCと接続できること。寸法の転送以外に、写真を撮って測定位置を設定すれば測定データが転送されて写真に自動で記入される仕組み。現調した様子をメールで人に伝えるときに便利そう。

メリットは多機能、コンパクトな点ですが、旧型と比較して使いにくいと思ったのは距離測定ボタンを押した際にDLE50は光学機器らしくわずかな振動とともに「カチャ」と機械的な音がしたのに対し、GLM50Cは振動はなく「ピッ」という電子音のみ。騒がしい場所で測定したときに電子音が聞き取れず画面を見て確認するのはやや面倒。

f:id:aratoshi:20180524152217j:plain
本体に合わせて付属ケースもコンパクトに。ただGLM50Cのケースは側面がすべてゴムでできており、出し入れが非常にやりにくい。さっさとゴムが伸びてくれるとありがたいのだが。DLE50はストラップ付属でしたがGLM50Cは付いていない。ただし取り付け穴は開いています。

10年前に比べると有名メーカー製品(ライカボッシュ、タジマ、マキタなど)でなくとも精度はよくなっているようで、最初は安いものでもいいかなと思っていたんですが、ブルートゥース機能が使いたくて購入した。価格は倍程度ですが10年使うと思えばその差は微々たるもの。

長い距離測定以外に、部屋の寸法を計るのに一般のメジャーでカチャカチャやるのがスマートじゃなかったり、メジャーの先端が家具や家の床壁天井などに当たることで万が一傷をつける心配がないため、人の家や家具店での採寸などに利用しています。とはいえ測定には照射面が必要なので両手の長さ以下の採寸はメジャーの方が圧倒的に楽ですけどw。

 

私が購入したのはこちら。 

BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計 GLM40 【正規品】

BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計 GLM40 【正規品】

 

距離が40m、最低限の機能のGLM40。 

GLMとほぼ同機能ですがリーズナブル、かつ評価が高い。

 

 

震災遺構 仙台市立荒浜小学校

GWに訪れた仙台旅の続きになります。

1日目の食事を終えてホテルに戻りテレビを付けた時だった。地元ニュース番組で震災遺構荒浜小学校の映像が流れていた。
3月11日地震発生後に大きな津波にのまれた若林区。ニュースで自衛隊ヘリからの映像が映し出され、波にのまれまいと必死に逃げる車。ほぼ水没してしまった街で唯一といっていい残された建物。それが荒浜小学校でした。私の住んでいる地名と同じだったこともあり鮮明に記憶に残っている。
ホテルでニュースを見終えたと同時に妻とも「行こう」ということになり、翌日の午前中に見学に行ってきました。現地までは前日と同じくレンタルサイクルで。スマホのナビで行き先を入力すると仙台駅から約10kmとのこと。今いる場所からわずか10kmのところであのような大変な被害が起きたのかと改めて知る。
のんびり走って約一時間。次第に家が減っていき、県道に差し掛かったところから一切家の無いエリアになり、そこが津波被害にあった場所だとわかる。

f:id:aratoshi:20180519113511j:plain校舎に掲げられた「ありがとう荒浜小学校」の文字。廃校になった学校に掲げられる言葉でありますが、この小学校においては”わたしたちの命を守ってくれて「ありがとう」”という意味も含まれている。

f:id:aratoshi:20180519113631j:plain

f:id:aratoshi:20180519113553j:plain

f:id:aratoshi:20180519113652j:plain遠景では判りにくいですが近づくと外壁や手摺に津波の衝撃を受けた跡が見える。右奥に見えるのは津波に襲われわずかに残った防風林の一部。

f:id:aratoshi:20180519113717j:plain1階は完全に水没してしまったため天井も崩れかけている。ここは保健室。津波直後は部屋いっぱいに瓦礫が流れ込んできた。

f:id:aratoshi:20180519113824j:plain隣の1年1組の教室。

f:id:aratoshi:20180519113915j:plain2階の廊下。戸棚の下の錆びた跡でここままで水没したことがわかる。

f:id:aratoshi:20180519114027j:plain2階の職員室。

f:id:aratoshi:20180519114051j:plain
4階は展示エリア。

f:id:aratoshi:20180519114129j:plain教室には震災前の街並みを再現した大きな模型があり、いろいろな場所に住んでいた方の思い出などが記されている。この模型の前に津波で家を失った老女が係員としていらっしゃって、このあたりのことを知る見学者さんと「あそこのお店が~」と当時の話を穏やかな笑顔を浮かべながら話をされていた。

f:id:aratoshi:20180519114735j:plain
教室の壁には当時のままと思われる時間割などとともに、震災後に書かれたメッセージが黒板いっぱいに残っている。

隣の教室では地震発生から津波に襲われるまで、そこから救出されるまでの出来事を当時の校長や自治会の方の話を交えたビデオが放映されていた。

f:id:aratoshi:20180519115109j:plain
この小学校がシェルターになりこの地区の多くの命が救われたということがわかった。

f:id:aratoshi:20180519115147j:plain津波の到着時刻で止まった体育館の時計。

f:id:aratoshi:20180519115439j:plain廊下に出て外の景色を眺めていると、若い男性が話しかけてきてくれた。この地区の出身とのこと。恥ずかしながら知らなかったこの地区の復興計画を聞くと、この小学校の手前にあった県道十号線から先の地区は津波による災害危険区域に指定され人が住むことはできないとのこと。海岸沿いは津波でなぎ倒されてしまった防風林の植林。その内側は運動施設や企業、農園などを誘致していくとのこと。たしかにグーグルアースを見てみると建物を建てるための土盛りやメガソーラー、運動場の整備などが進んでいる。

f:id:aratoshi:20180519115630j:plain屋上から。奥には新しく建設された堤防が見える。

f:id:aratoshi:20180519115917j:plain
地上に降りて校舎の裏側に廻る。この中は給食室。調理器具がそのまま残されていた。建物の前面より津波のあとが生々しく残っている。

小学校を出て海岸へ向かう。

f:id:aratoshi:20180519120422j:plain
建物の基礎がそのまま残されているところもあり、そこが人の営みのあった場所だったことがわかる。

f:id:aratoshi:20180519120618j:plain
海岸手前に流れる川に掛かる「深沼橋(ふかぬまばし)」護岸はきれいに整備されていましたが、橋はそのままのようです。

f:id:aratoshi:20180519121034j:plain
防風林跡に建立された慰霊碑。左側は新設された堤防。

f:id:aratoshi:20180519121435j:plain防風林はほとんどがなぎ倒され朽ち果てており、その中に瓦礫がまだ残っていた。

f:id:aratoshi:20180519121723j:plain
堤防にあがって海側を見る。

f:id:aratoshi:20180519121753j:plain
陸側。ほとんど何も残されていない景色が広がる。

感じたことはたくさんありますが、訪れた人によってさまざまな思いがあると思う。私は訪れて良かったです。

 

仙台トリップ

GWの旅行第二弾になります。前回は車移動での山梨・静岡方面でしたが、今回の行き先は仙台。さすがに車では大変なので新幹線にて。あ!ちなみに長文ですw

f:id:aratoshi:20180507233734j:plain
福島を通過した辺りの車窓からの景色。雲がとても低かった。

仙台までは東京駅から二時間ちょっと。到着が12時すぎでちょうど昼食の時間。仙台に住んでいた仕事仲間に聞いていた「北辰鮨(仙台駅3階店)」へ行ってみる。

f:id:aratoshi:20180507233913j:plain12:15ころに店に付きましたがタイミングが良かったのか先客は5組。20分ほど待って入店できた。店内の写真はないですが、長さ5~6mの立食いのカウンターのみで2人×5組で満席といったところ。それに対して板前さんが3人で接客してくれるため、注文してから出てくるまでの時間は短い。注文したのは主に白身魚系と貝類。あまり聞きなれない魚や貝もありましたが、どれも美味でした。おいしい寿司屋であれば当たり前においしいものなんですが「アナゴ」の白焼の塩が非常に美味しかった。普段あなごを食べない妻が2カン食べてたくらい。二人で20カンくらい食べたでしょうか、飲み物は抜きでお会計7,000円弱。安くはないですが、味と比較すれば充分リーズナブルだと思いました。 

昼食終えて荷物を置きにホテルにチェックイン。事前に考えていた観光ルートを回ることにします。当初は「るーぷる仙台」という市内観光バスでの移動を考えていたのですが、訪れる場所がバスだとちょっと遠回り(時間のロスが大きい)ということもあって、ホテル前にあった「ダテバイク」というレンタルサイクルを利用することに。セブンイレブンでチケットを購入し、簡単な手続きで即利用可能、料金は1日1,029円。

f:id:aratoshi:20180507234105j:plain初めての電動レンタルサイクルに若干戸惑いつつ、まずは仙台藩の初代藩主、伊達政宗公が眠る「瑞鳳殿」へ。

f:id:aratoshi:20180507234258j:plain極彩色を使った本殿は日光東照宮を彷彿させた。ちょっと離れたところに二代目藩主伊達忠宗の「感仙殿」、三代目藩主伊達綱宗の「善応殿」もあり、どちらも瑞鳳殿と同様の造りの豪華な本殿でした。

f:id:aratoshi:20180507234323j:plain感仙殿は瑞鳳殿と同じく天女があしらわれていましたが、善応殿のみ鳳凰があしらわているのは少し不思議だった。(理由はググってくださいw)

続いては仙台きたら外せない?仙台城跡へ。ここで大きな誤算だったのですが、山の上にあったんですね。行けるとこまで行こうと電動自転車で山を登る。グランツールの2級山岳くらいでしょうかw?。電動じゃなきゃとても到達できませんでした。途中妻の電動アシストが作動しなくなるトラブル(漕ぎ方がうまくなかっただけ)があったものの何とか到着。

f:id:aratoshi:20180507234735j:plain
もっとも有名なスポットと思われる伊達政宗像。

f:id:aratoshi:20180507234748j:plainおなじみの場所で記念撮影となったわけですが、大鷲が台座の下にいる理由が東日本大震災により落下したことによるものだと知り、当時仙台が大変な被害を受けたことを思い出す。

次に訪れたのはケンチクやってたら行っときたい「仙台メディアテーク

f:id:aratoshi:20180507234914j:plainそういえばここも地震で天井が落ちて大変な被害を受けた場所でした。

f:id:aratoshi:20180507235110j:plain特殊な構造を写真に収めたり、どうやって法的規制をクリアしたのか?などを考えながら見学終了。

ホテルに戻って自転車を置いて夕食へ。目的は牛タン発祥の店「味太助」で食べることだったのですが、すでに長蛇の列で疲れていたこともあって諦めた。妻が牛タンしゃぶしゃぶというものを食べてみたいと言っていたので近くにあった「葱や平吉 仙台本店」へ。

f:id:aratoshi:20180508000947j:plain居酒屋風の店でしたがオープンキッチンで目の前で調理したものが食べられるのは気分がいい。コース料理で食べましたが満腹で、夜食のラーメンが入らなかった・・・。後で知ったがチェーン展開していて近所の池尻大橋にもある店だった。でも牛タン出しているのは仙台だけ?らしい。

開けて翌日。メインイベントだった場所へ。

f:id:aratoshi:20180508003135j:plain
いまや名物の観覧車がある野球場。前回は仕事でしたが、今回は試合を見て楽しむためにきました。

f:id:aratoshi:20180508003215j:plain
なんかとんでもないところにアトラクションが・・・。見えますか?写真の中央に人がブランコに乗ってぶら下がっています。

f:id:aratoshi:20180508004015j:plain
今シーズン最多観客動員だったようです。8回表に西武の得点チャンスが続き、しばらく「チャンテ(チャンステーマ)4」を歌っていた。このチャンテ4、男と女のパートがある珍しい応援歌で聞いていて気持ちがいい。これは歌詞覚えて歌いたいと思った。試合は楽天の負けでしたが、どちらも縁のある球団なので嬉しくも悲しくもないのだw。ただし翌日も楽天は大敗。首位西武とのゲーム差16となりまさかの自力V消滅・・・。

帰りの新幹線まで時間があるので、駅でお土産買ったりしたあと。

f:id:aratoshi:20180508004545j:plain
やっぱり仙台ではタン元が食べたくって駅中の「伊達の牛たん」で早めの夕食。

f:id:aratoshi:20180508004914j:plain
からの昨日はずんだシェイクだったので、今日はずんだソフト食べて。

f:id:aratoshi:20180508005015j:plain
顔の長い乗り物に乗ってばびゅーんと帰宅。

仙台観光はすべてレンタサイクルで巡りました。時短にもなって便利だったんですが、大通り沿いは歩道に自転車専用道路があったりするものの、大きな交差点には横断歩道がなく若干の不便を感じた。ナビ必須なので今度こういう旅に行くときは自転車用のスマホホルダー持参するつもり。

実は二日目の午前中、ある場所に訪れたんですがそれはまた別のエントリーで。

 

富士山三昧の旅

今年初めから仕事三昧だった日々。GWはしっかり休もうと決めていた。とはいえ長期旅行に行くのは面倒だったので、車で行ける範囲で山梨、静岡の一泊旅行。

初日は山梨方面。午前中に用事を済ませ、ほうとう不動で遅めの昼食からの河口湖。ハーブ園で妻がハーブの苗を買ったり、石ころ館でパワーストーン買ったり。その後まったり湖畔を散歩。f:id:aratoshi:20180503092540j:plain
午前中は快晴でしたが午後からちょっと曇り気味。湖畔でバス釣りをしている人が大勢いましたが釣る瞬間を見ることはなかった。

ホテルについて遅めの夕食。スパークリングワインを使ったカクテル飲んだらすごい酔ったw。

f:id:aratoshi:20180503093141j:plain
酔い覚ましの富士山サイダー。味はよくあるサイダーと違いわからず。でも美味。

f:id:aratoshi:20180503093228j:plain
翌朝の部屋からの景色。駐車場のすぐ脇はもう「樹海」

ホテルで知ったイベント「富士芝桜まつり」にいくことに。河口湖から車で渋滞なければ30分くらい。河口湖からほぼ一本道なんですが、9時ころホテル出ていきましたが渋滞には合わず。帰りが11時ころになりましたがその時は往路は大渋滞でした。行くなら朝早めがいいかも。

f:id:aratoshi:20180503093349j:plain
地面が見えないくらいの芝桜をイメージしていきました(観光案内写真もそうだしね)が、ちょっと花が少なかった。それでも富士山バックのロケーションは素晴らしい。

帰り道の道沿いにあった「鳴沢氷穴」へ。ちなみに「富岳風穴」ってのもあります。

f:id:aratoshi:20180503095304j:plain
大人はヘルメット着用義務が。なぜなら高さ90cmほどのトンネルを5mほど進む必要があるからw。洞窟は竪穴で滑りやすい濡れた階段を上り下りする必要あり。ちょっとした探検気分。距離は短く10分もかからず出てこられる。

そこから御殿場アウトレットへ。行くのは二度目で相変わらずの混雑でしたが、着いたのが14時ころだったのもあってか、徒歩で行ける近くの駐車場に停められた。混雑時はバスで行かないといけないほど離れた駐車場になってしまうのです。

f:id:aratoshi:20180503094453j:plain
買い物を終えて夕日越しの富士山。

今回の旅のコーディネートは妻だったのですが、行きは30日で連休前半の最終日、帰りは1日で平日。ってこともあってか全く渋滞に遭遇することなく、運転の疲れも最小限で済んだ。

二日間、富士山に見守られた旅でした。普段富士山見えない場所で生活している人にとって、振り向くとやつ(富士山)がいるっていうだけで、非日常気分を満喫できていいもんです。

明日からまた一泊で東北へ。今度は新幹線での旅です。

 

 

MACKINTOSH×PORTER "HELMET BAG"

また一か月ぶりの更新ですねw。

仕事で週一程度でA3の資料を持ち運ぶ必要があるんですが、今まで普段使いの鞄+A3用の手さげ鞄を使ってた。でも機会が多くなるほど2つの鞄を持ち歩くのが煩わしい、さらにどこかに忘れたら大変なインシデントとなる。A3資料+文房具くらいが入る鞄をしばらく探していた。

マチが広く一泊の出張にも使えそうなビジネスバックタイプはあるものの気分ではなく、そこで目に留まったのがPORTERのヘルメットバック。A3収納可能かサイズもチェック済みだった。そのときたまたまマッキントッシュ別注のヘルメットバックがセール中で購入。

f:id:aratoshi:20180421120505j:plain
購入したのはネイビー。生地はオリジナルのナイロン素材と違いコットン素材。ナイロンの光沢感がないのが好み。形状はオリジナルより角がしっかりしてよりスクエアな形状になっているらしい。

f:id:aratoshi:20180421120522j:plain
肩掛けのベルトは長さ調整は不可。肩掛けでちょうどいい長さですが、頑張ればたすき掛けもできた。

f:id:aratoshi:20180421120531j:plain
ロゴは白地に変更されている。

f:id:aratoshi:20180421120542j:plain
中にはマッキントッシュコラボのロゴ。写真の隅にちょこっと写ってますが内張はタンカーシリーズおなじみのオレンジのナイロン素材。

唯一誤算だったのはオリジナルのサイズより巾・高さが若干変更されており、それもあってか、A3資料は薄型のA3フラットファイル2冊程度が限度だったこと。まぁそれくらい入れられれば十分。

中身をあまり入れずに持ち運ぶと、生地自体のハリだけでは型が維持できずクタッとしてしまうので以下のようなファイルを型板代わりに入れてパリッと持ち運びたいところ。