コト・モノ・ヒト

 いろんなコト、いろんなモノ、いろんなヒト

POC - DO Low サングラス

ロードバイクレースで選手が使用しているのを見て欲しいと思っていたサングラス。すっかりロードバイクには乗ってませんが・・・。

正直高級感があるとは思えない外観にもかかわらず、結構なお値段で購入に至らなかったのだが、海外のセールで見つけて一気に「欲しい病」発病。当初の購入予定は普通のスモークレンズでお値段1万円ほど。ところがそれがすぐに売り切れ。だったら諦めるっ!って思ってたんですが、たまたま別の海外サイト見てたらそちらでもセール中。しかも+数千円で偏光レンズ仕様あり。最近車やバイクを運転する機会が多く、その際圧倒的に見やすく疲れにくいのは偏光レンズ。ってことで購入。

以前も利用したことのある「Bikeinn.com」というサイト。支払、発送に不安はなく1週間ほどで到着。

f:id:aratoshi:20170610001344j:plain

f:id:aratoshi:20170610001358j:plain外観は想像通り。1000円と言っても知らない人ならそう思うでしょうw。でもフレームはただのプラスチックじゃないんだぜ~。グリルアミドナイロンなんだぜ~(なんのこっちゃわからんが軽量で弾力性のある素材らしい)おかげで長時間付けていても疲れにくい。

f:id:aratoshi:20170610001413j:plainノーズパッドは可動式。鼻ぺちゃでもまつ毛がレンズに触れることを防止できてありがたい。

f:id:aratoshi:20170610001431j:plainテンプルの内側にはゴムがついていてすべり止め効果あり。

f:id:aratoshi:20170610001506j:plainWayfarer(52㎜)との比較。レンズはだいぶ大きい。しっかり目を覆ってくれて風の侵入を防いでくれそう。まぁ一応スポーツグラスですから。重量はWayfarerが46g、POC - DO Lowが34gでした。やはり比較すると相当軽量。これから活躍してくれそうです。

 

弘前

久々の更新になります。

先週末になりますが、仕事で青森の弘前へ。当日は夕方まで仕事でそのまま日帰りも可能だったんですが、せっかくだったので一泊してきた。

f:id:aratoshi:20170601094757j:plain
東京は朝から結構な激しい雨。弘前も雨予報だったのですが期待を裏切るいい天気。岩木山は一日中雲をかぶっていましたが、雲が良い表情のいい天気だった。

f:id:aratoshi:20170601095727j:plain
現地までは電車で。といっても単線で基本30分に一本。

f:id:aratoshi:20170601100305j:plainホームは長いが車両は2両。停車位置を知らないとダッシュすることになる。無人駅でホームが線路を渡る生活道路にもなっているようでした。

f:id:aratoshi:20170601095118j:plain
夕食は何度も出張できている同僚に紹介された居酒屋「なじみ」という店で、絶対食べとけ的な郷土料理「嶽きみの天ぷら」をいただく。何の料理かの予備知識もなくいただきましたが、すごいおいしかった。てんぷらにする段階でなぜ粒がポロポロ外れないのか不思議。家でもぜひ作ってみたい(もらいたい)。さて”獄きみ”とは?興味のあるひとはググってくださいw

f:id:aratoshi:20170601100417j:plain
締めのラーメン。「Rcamp」というカフェ風のインテリアの人気店。これまた同僚の紹介で一緒に行ったんですが、わたしはベーシックな”煮干しだしと鶏白湯のラーメン”、そしてもうひとつの人気が”SAKURA(海老のクリームソースラーメン)”というパスタのようなラーメン。桜エビの出汁がグッと効いたクリーミーなラーメン。スープだけいただきました。ここで食べるべきはSAKURAでした。

f:id:aratoshi:20170601100947j:plain
翌日はあいにくの雨でしたが前川國男設計の弘前市役所。内装は絶賛改修工事中でした。

f:id:aratoshi:20170601102543j:plain
桜の名所の弘前城。現在石垣の修理中(本丸は曳家で移設してある)。こうやってすべての石にマーキングをして一度バラシ、元通りに組んでいくんでしょう。平成31年に工事が完了するようです。

f:id:aratoshi:20170601103029j:plain
青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)

f:id:aratoshi:20170601103522j:plain
弘前市立図書館

現地の人との電話のやり取りで津軽弁を耳にはしていましたが、地元の方同士が早口に話す言葉は意味が分からないこともありました。でもイントネーションがなんだか心地よかった。

また訪れたいと思う街でした。

 

 

 

 

ジャックパーセル RLY×ユナイテッドアローズ

連休も後半。車で木更津の三井アウトレットへ。特にこれが欲しい!ってものがあったわけではないんですが、わざわざ渋滞にはまりながら行ってきた(笑

f:id:aratoshi:20170505125156j:plain
ジャックパーセル RLY×ユナイテッドアローズ

去年、白を買ったんですが今年は黒を欲しいと思っていたところでちょうどよかった。オリジナルとの違いはキャンパス地の目が粗いところと、白と黒の二色のみで構成されているところ。靴底は白です。

価格的にはユナイテッドアローズのサイトでの価格と一緒だった。でも実物見なければ買っていなかったかも。昨年10月発売だったようですが今でも買えます。

所々で大渋滞でしたが、行きも帰りも2時間ちょっと。アクアラインのおかげ。

f:id:aratoshi:20170506000133j:plain

アクアライン上りの海ほたる。なんとなくモンサンミッシェルっぽい。と思った。

 

 

ボディ仮組み

最近、ベスパネタが続いてますね。ベスパ以外は仕事なんで(笑

f:id:aratoshi:20170426013947j:plain塗装から上がってきてフォークやサイドパネルなどを仮組。新車並みの綺麗な塗装なので扱いにとても気を使う。乗り始めればある程度は気にならないんですけど。

当日は取材もあったんですが、この大事な日にハンドルの頭(ライト部分)を忘れるというミスをおかした私。みなさまの優しさもあってなんとか乗り切れた(のか?)

随所にこだわりを持って作業しているんですが、気になっているのはシート。ボディーと馴染まず「乗っかってる感」が強い。ネットでいろいろ調べてて気に入ったシートが見つかったんですがメーカー・販売元が不明だった。

f:id:aratoshi:20170426103830j:plain

f:id:aratoshi:20170426103839j:plain
ボディの形状は違うんですが、ボディの流れるような曲線に見事に沿って一体感のあるシート。どこから見ても死角がない。このメーカー(製造元)がようやく判明。

Streamline Seatsというドイツ・ベルリンの会社だった。

しかーし、ドイツ語オンリー。しかも翻訳ソフトによると現在は在庫がなく受注生産の様子?価格はシート代で279ユーロとお高めではありますが、何とか欲しい。ベルリン在住、ドイツ語堪能のかた、ご連絡お待ちしております。

限りなくこれに近いものをワンオフで作るってことも選択肢としてはあるんですけどね。

 

エンジン始動と夕陽

昨日のことですが、ついにエンジンに火が入った。プロジェクト開始からはや一年。ようやくというべきか、あっという間というべきか。 

ボディに載せてからトラブルがあるといろいろ大変なので、作業台に乗せてエンジンが掛かる最小限の構成で始動確認することに。ちなみにこの前にプラグで火花が飛ぶことだけは確認済み。

f:id:aratoshi:20170417111427j:plainおとな三人でエンジンを押さえ、緊張のキック。チョーク引いて5回目くらいでしょうか、あっけなくエンジン始動。

エンジン始動の3大条件(良い混合気、良い圧縮、良い火花)がしっかり出来てったって事なんでしょう。キャブセッティングはとりあえず焼付かない程度。チャンバーからの煙がほぼ出ずやや混合気が薄い印象。そのためか吹け上がりも鋭く、セッティングが出ればいい感じになりそうな予感。

手伝ってくれている(というかほぼすべての作業を行ってくれている)仲間も笑顔。このところ仕事で憂鬱な出来事が多かったんですが、久しぶりに心から笑えた。 

f:id:aratoshi:20170417111553j:plain
帰り道はしばらく夕陽を正面に見て、眩しいったらない感じでしたが、スカイツリーの上に浮かぶ夕陽を見ることができた。