読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コト・モノ・ヒト

 いろんなコト、いろんなモノ、いろんなヒト

インク変更でインクフロー改善なるか

モノ stationery

インクフローの良すぎるLAMY2000万年筆。

症状としては溢れるくらいにインクが出すぎて渇きが悪く、紙質によっては滲んで困ることも。その改善を狙ってインクを変更してみることに。ちなみに今まではLAMYのボトルインクのブルーほぼ一択だった。

粘度の高いインク、そして前から興味のあった「古典インク」にもトライしたいと思い、ペリカン4001のブルーブラックを購入。LAMYのブルーブラックも以前は古典インクだったようですが現在は染料インクとのこと。

f:id:aratoshi:20160415231803j:plain
左が今まで使っていたLAMYのブルー。右がペリカンのブルーブラック。

LAMYのインクを抜き取り、水で洗浄・乾燥後、ペリカンインクに交換。

f:id:aratoshi:20160415232338j:plain
交換後すぐの試し書き。ラミーと比べると書き始めはインクの出が渋いが、数文字書いていると出が良くなり、そのときの状態はLAMYとほぼ変わりないくらいのインクフローとなる。LAMYと比べ粘度が高い感じはしない。ただインクの乾きは若干早い気がするんで、違う意味で改善したといえばしたかも。

色はブルーに比べると落ち着いた色合い。ブルーでもばりばり仕事で使ってきましたが、より仕事向けな感じで気に入って使っています。