読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コト・モノ・ヒト

 いろんなコト、いろんなモノ、いろんなヒト

電球+スピーカーという発想は面白い

モノ music インテリア

f:id:aratoshi:20150525112948j:plain

SONYが面白いアイデアのものを発売しました。電球型のスピーカー。電球を取り付けるソケットに電球型のスピーカーをはめて、Bluetoothで音楽を転送。2006年、パイオニアが”MUSICTAP”なるスピーカーケーブル不要で家庭内の電源プラグ(コンセント)を利用して、宅内の好きな部屋で音楽が聴けるという画期的なシステムの商品を発売しましたが、それとは違い技術的にはさほど新しくはないですが音楽をより身近に感じさせる商品としては同じイメージがする。

f:id:aratoshi:20150525113551j:plain

SONYのサイトでのオシャレな利用方法のほかに、普段音楽をあまり持ち込むことのないトイレや脱衣所なんかでは活躍しそうですが、いまはソケット(口金)の種類がさまざまで、E26というソケット(口金)が利用できる、もしくは変換コネクターをつかって利用可能なソケット限定。となると使える箇所は限られそうです。これ専用でモバイル型のバッテリー内臓E26ソケットが発売されたら大笑いなんですが。

それと2万超という価格。リモコンなしでいいから5千円くらいになれば、買ってもいいかなと思いますが、いまや3千円程度からBluetoothのバッテリー内臓のポータブルスピーカーがいっぱい発売されてますからね。我が家にも風呂場で使えるバッテリー内臓防水スピーカーがあり、こちらのほうが多用途であることは間違いない。

さんざんディスってますが、アイデアは面白いですハイ。